食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関

ディプロマ・ポリシー

【生活科学研究科生活科学専攻(修士課程)】
 生活科学専攻は、食品の機能や臨床栄養等の健康の維持・増進に関連した開発や栄養学的な課題の解明、そして臨床栄養指導の優れた実践力を備え、それぞれの分野で活躍できる高度な専門的職業人の養成を目指す。従って、本専攻では次の能力を身に付け、かつ学則及び学位規程に定める修了要件を充たした者に修了を認定し、学位を授与する。
食品・栄養学領域における清深な学識と技術
課題探求・応用的能力を身に付けた管理栄養士のリーダーとして、社会で活躍できる課題探求・応用的能力
健康の維持・増進に関する栄養学的な諸課題の解明、また栄養管理のための専門性や研究能力

本文の先頭へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

アドミッション・ポリシー

【生活科学研究科生活科学専攻(修士課程)】
食の分野の教育研究を通じ、人々の健康の維持・増進に貢献したいという熱意のある人
食品学・栄養学そして栄養生理学等についての専門基礎的知見を有し、食に関する健康科学や機能食材開発に関する清深な知見と研究能力を身に付けたい人
管理栄養士の資格を有し、長期にわたる臨地実習を通じ栄養教育や栄養管理に関する課題発見と解決能力、高度な実践的力量を身に付けたい人

カリキュラム・ポリシー

【生活科学研究科生活科学専攻(修士課程)】
 本大学院は、研究科・専攻毎に定める教育目標及び人材養成の目的達成のため、各専門分野毎の清深な専門的学識修得のための科目、高度な専門職として必要な実践的技能や応用的能力修得のための科目、課題の解決へ向けた研究遂行能力を涵養するための科目により教育課程を編成している。

 生活科学専攻では、教育目標及び人材養成の目的達成のため、以下のような教育課程を編成している。
食の科学や栄養に関する幅広い知識や課題の発見・探究に関する分野共通科目
分野毎の基礎理論・方法論などの専門基礎科目と、機能食材科学特論・食品栄養科学特論更には実践栄養管理特論・特別臨地実習等の専門的な専門科目
専門基礎科目や専門科目で学んだことを総合し、自らの課題意識に即して研究を遂行する能力の育成を目的とした特別研究と修士論文、または、栄養教育・栄養管理の実践的・応用的能力の育成を目的とした課題研究演習と特定課題研究

本文の先頭へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

生活科学研究科 生活科学専攻のご案内

 生活科学研究科は、本学大学院の最初の研究科として平成17年4月に開設されました。小規模ではありますが、社会の要請に応える人材養成のための教育研究を着実に進めているところです。
 本研究科は、地域に根ざした教育と研究活動を目指しています。アドミッション・ポリシーにも掲げていますが、食の研究を通して、地域の人々が健康で安全に、安心した食生活を送れるよう、研究成果を地域社会に還元するとともに、高度に専門性のある人材の育成に取り組んでいます。また、地域社会の種々の課題の研究に取り組むため、平成15年4月にスタートさせた地域生活科学研究所との連携の下に、大学院の教育研究を進めています。
 修了した院生のほとんどが、各地域社会でその専門性を生かして働いていますが、私たちのメッセージを院生の皆さんがしっかりと受け止めてくれており、また、地域社会にも私たちの思いを受け入れていただいていると自負しております。
 生活科学研究科は小規模ですが、それぞれの分野で活躍されている優秀な先生方がおられます。院生は、アットホームな雰囲気の中で、専門の研究を深めることができる絶好の環境にあります。しっかりとした目標を持ち、自ら学びとる志をもって本大学院で学び、社会で活躍されることを願っています。


研究科長 曽根 良昭
本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

教育研究の概要と特色

修士課程 

 生活科学専攻修士課程の教育研究分野は、「食健康科学・機能食材開発」分野・「栄養管理実践」分野の2 分野に分かれています。

「食健康科学・機能食材開発」分野

 食環境科学、食健康科学、食品衛生科学、公衆衛生科学、公衆栄養学からなる「食生活の安全・安心」に関わる領域と、機能食材科学、応用微生物科学、食品栄養科学、栄養制御科学からなる「健康の維持・増進」に関わる領域の2領域によって編成されています。すなわち、「食」の「安全・安心」の確保をベースにし、その上に立って「健康の維持・増進」を追求する、という体系性を持たせています。
 これに加えて、本分野の授業科目として、「特別研究」がありますが、これは修士論文の作成へ向けた指導教員とのゼミに該当するものです。また、オムニバス授業として「食科学論ゼミナール」を開講します。これは、研究を進める上で現代生活の諸課題を広く認識しておくことが大事だ、という観点から開講されるものです。


「栄養管理実践」分野

 大学院内での管理栄養士に係る高度な専門科目の履修に加え、医療・福祉の現場、あるいは子どもや地域住民の健康増進を推進する小・中学校、および行政の場などにおいて長期間にわたり特別臨地実習を行うことにより、管理栄養士としてのスキルアップを図り、地域社会の医療、保健、福祉のサービス向上に寄与し、地域社会の生活の向上に貢献できる高度な専門的職業人の育成を目的としています。
 1年次では、「実践栄養管理特論」(2 単位)および「栄養教育特論I」「栄養教育特論II」「臨床栄養学特論I」、「臨床栄養学特論II」などを履修し、管理栄養士として必要となる高度な実践的知識を修得した上で、2年次以降に480 時間(12 単位)の特別臨地実習を実施します。実践の場で栄養ケアマネジメントを行うために必要な専門的知識と技術の統合を図り、問題意識と課題解決能力を修得します。そして、特別臨地実習を通して発見した課題の解決に取り組む研究を行います。このように本分野は、栄養管理現場において自らが研究課題を見出し、解決のための研究・取り組みを行い、実践的な技量を養うことに力点を置くところに特色があります。
 また本分野では、 栄養教諭一種免許取得者または取得資格を持つ人は、 指定した科目から24 単位以上を修得すれば、栄養教諭の専修免許が取得できます。
 なお、本学大学院は放送大学大学院と単位互換協定を結んでいますので、放送大学大学院の関連科目の単位取得(合計10 単位まで)を積極的に推奨していくことにしています。


本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

修士課程修了後の進路

 「食健康科学・機能食材開発」分野の修了者については、保健所等「食」の安全・衛生に関する行政機関、食品関連企業の開発部門・検査部門等への就職が考えられます。
 「栄養管理実践」分野の修了者は、既に管理栄養士免許を取得した上で各自が望む栄養管理現場にて臨地実習を実施しているため、終了後も臨地実習で養った実践力を活かし、病院などの医療施設や福祉施設、市町村保健センターや保健所などの管理栄養士、または小・中学校における栄養教諭としての就職が考えられます。

本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

修士課程修了時の取得資格について

中・高等学校教諭(家庭)専修免許の取得について
 中学校・高等学校教諭(家庭)専修免許:「食健康科学・機能食材開発分野」では、中・ 高等学校教諭(家庭)一種免許取得の人、または取得資格を有する人は、指定した科目から24 単位以上を修得すれば、家庭科の専修免許が取得できます。

栄養教諭専修免許の取得について
 栄養教諭専修免許:「食健康科学・機能食材開発分野」では、栄養教諭一種免許取得の人、 または取得資格を有する人は、指定した科目から24 単位以上を修得すれば、栄養教諭の専修免許が取得できます。
イメージ画像
大学院公聴会風景


本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

生活科学専攻 修士課程の授業科目

●【食健康科学・機能食材開発分野】専門科目
食環境科学特論
食健康科学特論
食品衛生科学特論
機能食材科学特論
応用微生物科学特論
食品栄養科学特論
栄養制御科学特論
特別研究


●【栄養管理実践分野】専門科目
栄養教育特論I
栄養教育特論II
臨床栄養学特論I
臨床栄養学特論II
応用栄養学特論
特別臨地実習I
特別臨地実習II
特別臨地実習III
課題研究演習


●【両分野共通】専門科目
食科学論ゼミナール
公衆衛生科学特論
公衆栄養学特論
代謝栄養学特論
実践栄養管理特論
インターンシップI
インターンシップII
単位互換認定科目I
単位互換認定科目II
本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

シラバス

シラバスはこちらのページに掲載しています。

研究科委員会構成教員の紹介 一研究テーマおよび最近の業績−

●曽根 良昭(そね よしあき)(生活科学研究科専任教授)
 微生物や食品に含まれる多糖類の化学構造と生理活性の関係を研究する基礎的・分析化学の分野から研究者生活をスタートさせた。最近は高齢者、特に後期高齢者の健康に関して、恒常性維持負荷度を指標とした生活習慣と全身的協関の相関研究や食事による便秘の改善に関わる研究を行っている。これらの研究はヒトの進化と適応の観点から人類の生き方(生きる理=ことわり)を明らかにする生理人類学の観点から行っており、研究を通じて健康を支える食とは何かを明らかにしていきたいと考えている。
<主な学術論文>
Allostatic load differs by sex and diet, but not age in older Japanese from the Goto Islands, Ann Hum Biol, Early Online: 1–8 (2015), DOI: 10.3109/03014460.2015.1013985 Inhibitory Effect of Whole Grain Paddy Rice Feeding on the Colonization on the Colonization of Campylobacter jejuni in the Cecum of Broiler Chicks, The Journal of Poultry Science 52, 312 - 317 (2015)
難消化性デキストリンの摂取が老人保健施設入所者の排便状況に与える影響、日本生理人類学会誌, 19, 55 - 61 (2014)


●亀井 正治(かめい まさはる)(生活科学研究科専任教授)
 これまで基礎研究と生活に密着した研究を実施してきた。基礎分野では、食餌脂質の生理機能について動物実験を中心に検討しており、これまで食餌魚油摂取間隔の相違が脂質動態に及ぼす影響、硬化油の生体影響のほか、ニンジン葉フラボノイドとその生理機能について実施した。実生活に関わる具体的な分野では食品中のCoQ10 分布、実測分析によるテイクアウト弁当の栄養バランス評価、市販うどん中のそばアレルゲン混入の可能性検証を行った。

●山口 仁孝(やまぐち よしたか)(生活科学研究科専任教授)
 獣医病理学、食品衛生学、食品由来感染症学の分野について、病理組織学・細菌学・生化学・分子生物学的手法等を用いて、細菌・ウイルス・プリオンの研究を行ってきた。
 長年公務員として行政に携わり、食中毒事例に数多く接した経験から、実際に起こった個別の事例を参考に食の安全について幅広い研究を目標にしたいと考えている。
大学院では、環境・食品に関わる病原微生物、微生物を利用した加工食品、遺伝子組み換え食品などを研究テーマとして実施し、自主的に学習・研究を追求するよう指導していきたい。
<主な論文>
Biological and biochemical characterization of mice expressing prion plotein devoidof the octapeptide repeat region after infection with prions.PlosOne,01/2012;7(8);e43540 (2012)
Antigenic mimicry-mediated anti-prion effects induced by bacterial enzymesuccinylarginine dihydrolase in mice,Vaccine 29,50,9321-9328(2011)
Effects of a brain-engraftable microglial cell line expressing anti-prion scFvantibodies on survival times of mice infected with scrapie prions, Cell MolNeurobiol 31,999-1008(2011)
Dominant-negative Effects of the N-terminal Half of Prion Protein on Neurotoxicityof Prion Protein-like Protein/Doppel in Mice JBC 283,35,24202-24211(2008)
食中毒及び感染性胃腸炎の病原体と臨床症状,感染症誌79,864-870(2005)
わが国の健康者における髄膜炎菌の保菌状況,感染症誌79,527-533(2005)
プリオン病−その現況と最近の知見,丸石製薬Circles,(5)1,14-19(2003)

●芳野 憲司(よしの けんじ)(生活科学研究科専任講師)
 病院の管理栄養士として5 年間、病棟での栄養管理・栄養指導・給食経営管理に携わってきた。専門分野は臨床栄養学で、現在、最先端の栄養管理業務を行っている医療機関と連携した専門性の高い臨床分野の管理栄養士の育成環境の構築を行っており、その中で栄養アセスメントを中心とした研究を行っている。
 臨床分野で働く管理栄養士は、医療現場の中で多くの患者様と出会い、様々な経験を積むことで知識・技術が蓄積されていく。そのため、即戦力として活躍できる管理栄養士を育成するのは、教育機関の中だけでは非常に困難なことであり、充実した栄養管理体制が整備されている医療機関の中で管理栄養士業務に携わりながら研究ができる環境を作ることが、将来有望な人材を育成する上で非常に重要なことであると考える。
く主な学術論文>
・IgE responses in mice fed moderate protein deficient and high protein diets.(Journa1 of Nutritional Science of Vitaminology 第49 巻3 号 2003)
・ 長崎大学病院NST の現状と栄養上の関わり(日本病態栄養学会誌 第9 巻3 号 2006)

●小坂 和江(こさか かずえ)(生活科学研究科専任准教授)
 要介護高齢者の栄養課題に取り組んでいる。特に、たんぱく質・エネルギー低栄養状態(Protein Energy Malnutrition: PEM)と亜鉛の関連について研究している。
超高齢社会を迎え、管理栄養士においては、病院、施設、在宅のいずれの環境においても高齢者の栄養管理が極めて重要な業務となる。大学院では、特別臨地実習を通して高度な栄養管理のスキルを養うとともに、研究課題の設定から論文作成にいたる過程を学ぶことにより、専門職業人とし ての能力を育む。
く主な学術論文>
・高齢者のADL の維持,向上と食事・栄養.日本食生活学会誌.26 巻.167-175(2016)
・施設入所高齢者の意思伝達能力とActivities of Daily Living およびGeriatric Nutritional Risk Index との関連性,日本食生活学会誌.26.181-188(2016)
・ 施設入所高齢者のADL 維持に要する亜鉛およびたんぱく質の栄養状態のGeriatric Nutritional Risk Index による評価.日本食生活学会誌.26.21-31(2015)
・Relationships among Body Mass Index, Activities of Daily Living and Zinc Nutritional Status in Disabled Elderly Patients in Nursing Facilities ,Journal of Nutritional Science and Vitaminology.Vol.59, 420-430(2013)
・施設入所要介護高齢者における亜鉛摂取量と血清中亜鉛値および関連成分値に関する検討.日本食生活学会誌.23 巻.207-216(2013)
・施設入所要介護高齢者におけるBody Mass Index、日常生活動作、要介護度の違いによる亜鉛栄養
状態の変動. Biomed Res Trace Elements.23 巻.208-216(2012)

●佐々木 公子(ささき きみこ)(生活科学研究科専任教授)
 味覚は生命維持にとって重要なシグナルで、健康との関わりも大きい。基本5味のうち、塩味や酸味は生活習慣病の高血圧、甘味は肥満に大きな影響を与えている。薬の苦味は高齢者や幼児にとっては服薬の妨げとなっている。そこで、このような味覚を改変する物質を料理に広く使われている香辛料から探索し、料理への応用を検討している。
 味覚によって生活習慣病予防やQOLの向上に寄与していきたいと考えている。
く主な学術論文>
・中高年女性の菜食摂取における栄養・健康状態(2004)
・GABA(γ-アミノ酪酸)の味覚への関与について(2010)
・GABA(γ-アミノ酪酸)の味覚への関与について 酸味と塩味への関与(2011)
・GAD67の活性に影響を与える食品成分と味覚の伝達との関連〜 ハーブに含まれる食品成分の味覚への影響評価 〜(2012)
・GAD67の活性に影響を与える食品成分と味覚の伝達との関連〜 ハーブに含まれる食品成分による酸味と甘味に与える影響 〜(2013)
・Relationship between GAD/GABA and sweet, umami and bitter tastes,those received in type II taste buds. (2014)
・味覚情報伝達機構からみたGADとGABAの味覚への関連および味覚改変物質の探索(2014)
・香辛料の食品成分が味覚に及ぼす影響について(2015)
<著書>
・カロリーチェック料理BOOK 辻学園ジャパンクッキングセンター(1992)
・管理栄養士国家試験 合格レシピ メディカ出版(2009)
・臨床栄養ディクショナリー メディカ出版(2014)
・疾病の成り立ち: 臨床栄養学(ナーシング・グラフィカ)メディカ出版(2015)

●渡邉 理江(わたなべ りえ)(生活科学研究科専任准教授)
 これまで膵臓や消化器系臓器を中心に糖尿病に関わる基礎研究を行ってきた。具体的には、生化学・分子生物学・細胞生物学・病理組織学的様々な多くの手法を用い、インスリン遺伝子の転写制御解析や糖尿病モデル動物に対する抗酸化ストレス分子高含有の食餌負荷解析を行ってきた。また、遺伝子組み換え食品に対する遺伝子発現量テストや安全性テストも行ってきた。食品とその体内での動態やホルモン応答制御に注目して研究を進めている。
く主な学術論文>
1. ’ Insulin gene is a target in activin receptor-like kinase 7 signaling pathway in pancreatic betacells.’Watanabe R, Shen ZP, Tsuda K, Yamada Y. “Biochem Biophys Res Commun”, 377(3),867-872 (2008)
2. ‘ Anti-oxidative, anti-cancer and anti-inflammatory actions by thioredoxin 1 and thioredoxinbindingprotein-2 ’ Watanabe R, Nakamura H, Masutani H, Yodoi J. “Pharmacol Ther.” 127(3),261-270 (2010)
3. ’ Production of biologically active human thioredoxin 1 protein in lettuce chloroplasts.’ Lim S,Ashida H, Watanabe R, Inai K, Kim YS, Mukougawa K, Fukuda H, Tomizawa K, Ushiyama K,Asao H, Tamoi M, Masutani H, Shigeoka S, Yodoi J, Yokota A. “Plant Molecular Biology”,76(3-5), 335-344 (2011)
4. ’ Activin Receptor-Like Kinase and The Insulin Gene’ Watanabe R. “Vitamins & Hormones,Activin and Inhibin ”, vol. 85, Chapter One, 1-27 (2011)

●藤井 わか子(ふじい わかこ)教授(美作大学短期大学部教授)
 専門分野は調理学であり、栄養士養成で長年、料理のおいしさ、それに伴う調理技術の向上を図り、さらに、栄養士として給食管理ができるように、継続的においしい食事を提供することを目的に教育を進めてきた。
 幼児から青少年までの食事調査を行い、食生活の問題点を確認し、現在は問題点を踏まえて、学生とともに食育の活動を進めている。幼児、小学生、一般市民の皆様へ美作大学から食育推進啓発を行っている。
 現在の研究として、米の普及啓発促進のために、米粉の利用の開発を試みている。自給率を促すために多収穫米を米粉にし、パンや麺への適性実験や多収米である品種への適正などを検討している。さらに菓子や料理への米粉の特性を確認する研究を進めている。
 大学院への研究の指導として、岡山県北美作地域の行事食並びに郷土料理、その地域に伝わる味を調査し、どのような歴史的背景から現在の地域の味が伝えられているかを明らかにすることを目的として研究を進めている。

●桑守 正範(くわもり まさのり)教授(美作大学短期大学部教授)
 私の専門は食品学であり、特に食品成分が免疫活性に与える影響を探求している。これまでいくつかの成分が免疫活性に影響を与えている、という知見を得ている。n-3 系多価不飽和脂肪酸の投与によりリンパ球の幼若化を招き、かつ肺胞肥満細胞の細胞膜リン脂質の脂肪酸組成を改変し、4 系ロイコトリエンの生成量を抑制させた結果、モルモットのI 型アレルギー症状を緩和させるという研究成果を得た。また、家禽への杜仲グッタペルカの投与により、腸内免疫活性が上昇することで免疫活性が上昇する、という現象を発見した。現在の研究テーマは小麦グルテンの部分変性により抗原性を低下できないかの検討である。
<最近の主な論文>
 乾燥杜仲投与による鶏免疫活性向上効果の検討 日本家禽学会誌,47,21-26(2011)
モルモット肺肥満細胞、末梢血総白血球数・好酸球数、脾臓および胸腺リンパ球に及ぼす試料油脂中n-3/n-6 脂肪酸比率の影響 日本脂質栄養学会誌,19,93-102(2011)
美作大学と連携した杜仲地鶏開発への道程(みちのり)日本食生活学会誌,21,334-336(2012)
Quantification of hydroxyprolyl-glycine(Hyp-Gly)in human blood after ingestion ofcollagen hydrolysate, J.B.B.,758,2-4(2011)
<最近の主な著書>
機能性食品の安全性ガイドブック 株式会社サイエンスフォーラム(2009)
イラスト食べ物と健康 東京教学社2010

●栗脇 淳一(くりわき じゅんいち)教授(美作大学短期大学部准教授)
 専門分野は、神経科学。人間の一生の中で最も脆弱な時期である胎生期のストレス暴露が、脳の器質および機能に及ぼす影響について研究を行っている。研究には、in vivo(生体を用いた実験)および in vitro(組織や細胞を用いた実験)実験系を用い、動物の行動への影響や分子・細胞レベルでの影響について検討を行っている。
<主要論文>
Discovery of a Tamoxifen-Related Compound that Suppresses Glial l-Glutamate Transport Activity without Interaction with Estrogen Receptors ACS Chem.Neurosci.,2012,3(2),pp 105-113
2,3,7,8-四塩化ダイオキシン(TeCDD)の胎生期暴露によるラット行動発達ならびに味覚嗜好性への影響 日本味と匂い学会誌 13(3):425-428,2006.
Effects of cadmium exposure during pregnancy on trace elements in fetal rat liverand kidney. Toxicology Letters 156(3):369-376,2005.

●橋本 賢(はしもと まさる)准教授(美作大学短期大学部准教授)
  専門分野は病態栄養生理学である。これまで小動物を使った血栓形成と内在性血栓溶解のメカニズムを解明する基礎研究を行ってきた。現在は栄養サポートチーム専門療養士(日本静脈経腸栄養学会)として、臨床栄養、特にNST(栄養サポートチーム)が治療に取り組んでいる低栄養疾患の改善に有用な栄養素や、摂食嚥下障がい者への食事サポートに有用な食形態の探索である。加えて、病態における様々な栄養学的な治療介入と費用対効果についても研究している。
<主な論文>
Suppression of argatroban-induced endogenous thrombolysis by PKSI-527, and antibodies to TPA and UPA, evaluated in a rat arterial thrombolysis model. Thromb Haemost 2003; 89: 820-825.
低栄養と褥瘡を発症した慢性腎臓病患者に対してNST介人が有効であった一例 美作大学紀要 2013; 53: 125-130.
認定こども園職員によるアレルギー児への関わり 美作大学紀要 2015; 60: 101-7.
<著 書>
栄養ケアマネジメント論 経済学から見た栄養管理 化学同人2012
ライフステージの栄養学 理論と実習 みらい 2015
わかりやすい疾患別栄養ケア・マネジメント−献立から指導まで− 学建書院 2016
本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る