食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関
幼児教育学科
幼児教育学科 メイン写真

  • 取得可能な免許状・資格
  • ●幼稚園教諭二種免許状
  • ●保育士資格
  • ●レクリエーション・インストラクター資格
  • ●社会福祉主事任用資格
    任用資格とは、特定の職業・職位に任用されるための資格のことで、該当任用資格を取得後、当該職務に任用・任命されて初めて効力を発揮する資格である。

免許状・資格の詳細はこちら


学科の特徴:幼児教育学科について

子どもに寄り添い、子どもの幸せを支援する保育士、幼稚園教諭を育成します。


 幼児教育学科は、児童憲章の精神に基づき、子どもたちの幸せを支援する専門的な人材の育成をめざしています。近年、少子化の進行や待機児童問題、子育ての孤立感や負担感の増加など、子どもを取り巻く環境や、子育ての環境も大きく変容し、子ども・子育てをめぐるさまざまな問題が生じています。
 国ではこのような現状と課題に対して、「質の高い幼児期の教育や保育の総合的な提供」や「待機児童の解消や地域の保育を支援することによる、保育の量的拡大と確保」さらに、「地域の子ども・子育て支援の充実」を掲げ、認定こども園制度の改善など、具体的な施策が始まろうとしています。
 このように変化の著しい時代だからこそ、子どもの心と体、そして人権を大切にし、一人ひとりの子どもの幸せを支援することができる、幼児教育のスペシャリストが求められています。
 幼児教育学科では、「幼保連携型認定こども園」の創設など、これからの社会のニーズに対応するためにも、全ての学生が保育士資格と幼稚園教諭免許の両方を取得できるようにサポートするとともに、附属幼稚園などでの体験的な学びを通して、実践力の高い保育者を養成します。

学科からのメッセージ

幼児教育学科 学科長 中田 稔教授

中田 稔 准教授の写真

 幼かった頃を少しだけ思い出してみてください。
 幼稚園や保育所でお世話になった先生の顔がきっと浮かんでくると思います。それほど幼児期における人との出会いは、子どもたちにとって忘れることのできないものです。
 そこで、子どもの生涯にわたる人間形成にとって極めて重要なこの幼児期に、子どもたちと関わる幼稚園教諭や保育士には、より高い資質や能力が求められています。そのため、幼児教育学科では、充実したカリキュラムと教職員の手厚い指導で、保育・幼児教育のプロをめざすみなさんの夢の実現を支援します。


教育目的・目標・ポリシー

教育目的・目標

 保育・幼児教育についての専門的な知識や理論を修め、実践力と研究する姿勢を身につけ、併せて、子どもおよび子どもの文化の理解に基づき、次代を担う子どもたちの人間形成に寄与する支援力をそなえた保育士・幼稚園教諭の養成を目的としています。
 この人材養成の目的を達成するために、次の4点を教育目標として掲げています。
子どもや障がい者の人権を尊重し、共に学ぶ姿勢や態度を養う。
附属幼稚園との連携を通して、より実践的な教育や支援ができる能力を養う。
豊かな表現力とコミュニケーション能力を養う。
ボランティア活動等を通して、地域の環境や文化に関心をもち、その改善や向上に努力する姿勢を養う。

アドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

 アドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーは下記のページをご覧ください。
  幼児教育学科のアドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー



本文の先頭へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

学科の概要

体験を通して学ぶ「活きた教育」が魅力です。


幼児教育学科がめざすもの  幼児教育学科の多くの先輩が活躍している保育所は、乳児から就学前までの「保育に欠ける」子どもを預かり、保護者に代わり子育てをするところです。年齢や発達にあわせた遊びや活動、生活などの体験を通した総合的な関わりの中で、子どもたちの成長の支援を行っています。「保育に欠ける」とは、母親や家族が仕事や病気や介護などによって、子どもたちの面倒を十分にみることができない場合を言います。日々の生活を通して、「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5領域に配慮しながら、養護と教育が一体となって豊かな人間性をもった子どもの育成を図る保育士は、子育ての専門職です。

 そこで、幼児教育学科では、子どもたちのすこやかな成長を支援できるような知識や技能を体験的に学ぶことができるように、充実したカリキュラムを整えています。例えば、附属幼稚園や津山市内の協力保育園など、子どもたちといつでもふれあいを持つことができる環境が身近にあるので、講義で学んだことを体験を通して確かめ、より一層学びを深めることができます。活字や言葉による知識だけではなく、自分自身の体験を通して学んだことは、「活きた教育」として、自らの力となり、自信を持って現場で活かすことができます。

進んでコミュニケーションを取り、積極的に学ぼう。


授業イメージ  明るく素直で、いつも笑顔を絶やすことのなく支援や介助ができる人。積極的に人とかかわったり、人の世話をしたりするのが大好きな人。幼児教育学科では、そのような人の入学を待っています。子どもたちのすこやかな成長を適切に支援するためには、まず人とかかわることが好きであるということが前提条件です。そして、さらに人の世話をするのが大好きで、子どもを愛し、子どもの人権を大切にすることができることが求められます。
 特に最近では、地域の子育て支援として、相談事業や学童保育に取り組む保育園も増えています。保育士や幼稚園教諭は、子どもたちと直接関わる仕事だけではなく、保護者や地域の関係機関と連携をとらなければならない仕事が多くあります。子どもの文化や地域社会に関心を持ち、子どもの立場になって考え、円滑なコミュニケーションをとりながら学ぶ。そういった姿勢が求められているのです。

本文の先頭へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

学科特徴

演習や実技科目に重点をおいた実践的なカリキュラム
現場ですぐに役立つ知識や実践技術が満載なので、就職してからも安心です。
さまざまな保育ニーズや障がい者支援も視野に入れた学習の充実
子育て支援や発達障がいなどのさまざまな支援に取り組める人材養成
保育士と幼稚園教諭の資格を無理なく取得!
幼児教育学科学生の就職率
保育士か幼稚園教諭としての専門職就職率は、なんと90.9%(過去7年間の専門職就職率)を達成しています。

Close Up! 幼児教育学科の特色

幼児教育学科の学生はどんなイベントでも元気で積極的!大きなイベントであるイルミネーション点灯式をはじめ仲間と協力しながら、幅広く充実した経験を通して自分を大きく成長させることができるでしょう。

1,保育・幼児教育の質を高めるみまさか幼児教育研究会

みまさか幼児教育研究会は、学科の在学生・卒業生・附属幼稚園を含めた教員スタッフで構成された研究会です。
地域の保育士や幼稚園教諭を募って、ステップアップ講座や研修会を開催したり、附属幼稚園の園児と一緒に人形劇や影絵など、質の高いプロの劇団の公演などを楽しんでいます。

プロの劇団の公演

2,少人数のメリットを生かした2年次セミナー

幼児教育学科では、1年次セミナーを引き継ぎ、2年生でもセミナー形式での授業を行います。
就職活動のアドバイスなど、セミナーの時間にきめ細かい指導が受けられます。

セミナー

3,みまさか子育てカレッジで子育て支援を学びます

これからの保育者は、子どもだけでなく、子育てをする親を支援する「子育て支援」の力も要求されます。
そこで、幼児教育学科と児童学科を中心に平成24年度度より岡山県子育て大学・地域タイアップ事業の指定を受け、「みまさか子育てカレッジ」を開設しました。学生は、親子ふれあいフェスティバルなどの親子交流会に参加したり、子育て支援のボランティア活動に参加したりして、子育て支援の在り方を、体験を通して学ぶことができます。

子育て支援のボランティア活動

4,保育者としての誓いや夢を輝かせるイルミネーション点灯式

幼稚園や保育所、施設での実習を全て終えた2年生、これから実習に向かう1年生、そんな幼児教育学科の全学生が、クリスマスを前に保育者としての誓いや夢を新たにし、イルミネーション点灯式を行います。
学生たちは、100周年記念館に飾られた巨大ツリーの前で、保育者としての誓いの言葉を述べます。そして、約3万個の電球で飾られたイルミネーションが明々と点灯すると、夜のキャンパスは別世界のように輝き、観客からは拍手と歓声が起こります。幼児教育学科の学生として自覚と誇りが高まる瞬間です。

さまざまなプログラムで子どもたちとの楽しいクリスマスの思い出を作ります。
卒業しても美大生はつながっています!友だちや先生と語る「里帰りトーク」
里帰りトーク
卒業後の白梅祭(10月)の頃には「里帰りトーク」を開催して、友だちや先生と旧交を温めます。それぞれが社会人として、頑張っている話に花が咲いたり、久しぶりに先生からアドバイスを受けたりします。
本文の先頭へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る